リーファーコンテナの費用にお困りならコンテナライナー!
リーファーコンテナのコストを下げるならコンテナライナー!
リーファーコンテナのコストを下げるならコンテナライナー!

空き海上コンテナ不足と海上運賃の値上げについて

国際物流における「空き海上コンテナの不足」と「海上運賃の値上げ・高騰」は全世界に深刻な影響を与えています。

◆空き海上コンテナ不足

これについては新型コロナウイルス(COVID-19)の影響以前から様々な要因がありましたが、最終的な引き金は新型コロナウイルスが原因となります。
なぜ新型コロナウイルスの影響で海上コンテナの不足が起きてしまったのか、主な原因をまとめます。
1)港湾作業
コロナウイルスの蔓延により各国の港における港湾作業の生産性が下がりました。結果、船の入港・出港が遅れます。
世界各国で遅れが発生することで、全ての船の動きが遅れ遅れになってしまったということです。
ニュースにもなりましたが港湾作業が追い付かず、港または海の上で船が待ち状態になっており、多少は回復傾向になってはおりますがまだまだ回復の見込みが分かっていない状況となっています。(2021年12月現在)
2)需要の増加
新型コロナウイルスの感染拡大によって一部の製造業、飲食関連には大きな影響を及ぼし生産が激減になりました。逆に需要が大幅に増加したのが巣ごもり需要です。
これは日本だけでなく世界各国でも同じような状況が起きており、緊急事態前言やロックダウンなどにより家の中で過ごすことが多くなることで料理をすることが増えるため食材の購入量の増加、 それに伴い便利な調理器具の購入などに繋がっていきます。また近年流行っていたキャンプなどのアウトドアが密回避ということで更に需要が増えキャンプ用品等が爆発的に売れている状況となっています。 そして家の中で楽しめるようなゲームやおもちゃも増加傾向となっています。
このように様々な生活雑貨関連などの需要が大きくなり、大部分の製品が海外・・・特にアジア地区からの輸入品となっていますので、全世界の海上輸送(海上コンテナ輸送)のバランスが崩れさせています。
※アジア地区からの出荷する船、海上コンテナに集中してしまう。
3)ドライバー不足とドレージの遅延
特殊なトラックに海上コンテナを載せて陸上で目的地まで輸送することをドレージと呼びます。ちなみに日本では以前よりドレージを行うためドライバー不足は深刻な悩みになっています。 コロナウイルスの感染拡大を起こりますと、その重要なドライバーが感染して運転が出来なくなる・・・結果ドライバー不足が世界各国で起こります。
せっかく海外から海上コンテナが港についても、その海上コンテナを運ぶ人がいないため運ぶ人を下がるために時間を要します。またここで遅れ遅れの状況なってきます。
特にアメリカなど大きな大陸の場合は港からの輸送距離が長いため、元々輸送に日数がかかっており、更にその海上コンテナが目的地に着いたらまた港へ戻さなくてはなりませんが、港へ中々戻ってこなくなるため更にここで遅れ遅れの状況が発生します。
※いわゆる海上コンテナの滞留状態です。
◎空き海上コンテナ不足のまとめ
空きの海上コンテナが不足しているのは上記のような要因が全世界で起きていますのでたった1日の遅れが結果10日に、30日、60日と地域によっては大幅な遅れに繋がっているということです。
リーファーコンテナのコストを下げるならコンテナライナー!
リーファーコンテナのコストを下げるならコンテナライナー!

◆海上運賃の値上げ(高騰)

船会社にとって船を動かして、そして海上コンテナを動かして売上を上げています。海上コンテナがどこかで滞留、遅れが発生することで船が出港できなくなります。 例えば、今月は海上コンテナを1万個動かす予定が2,000個しか動かせないということは8,000個分のここからは需要と供給の問題に繋がり、需要が勝っている状況となりますので価格が高騰している状況になるわけです。

備考

上記の空の海上コンテナ不足及び海上運賃の値上げ(高騰)について大まかな部分を取り上げさせていただきました。
実際には他にも要因がありまして、アメリカで起こったハリケーンなどのような天災などもありますので大まかな要因と捉えてください。
海上コンテナ不足は海上運賃の高騰だけではなく他のも大きな影響を及ぼしています。海上運賃が高騰するということは海外から入ってくる製品(商品)の価格が上がってくるわけです。いわゆる製品価格の高騰です。ただこれは輸入製品だけではありません。 製品の元となる原料なども海外から海外への輸送を行っているものばかりですのです。例えば単純に日本製を日本国内で購入するから価格は変わらないということはなく、それらも原料が輸入されているものが多いので製品価格の上昇に繋がってきます。
また、海上コンテナでの輸送の遅延が多発することで、予定通り製品が入荷してこないことが挙げられます。ちなみに海上コンテナの運賃の高騰について、通常のドライコンテナは勿論ですが、リーファーコンテナは更に高騰しております。
元々の数が少ないリーファーコンテナですが、更に入手困難となっており大幅な価格高騰だけでなくリーファーコンテナを抑えること自体が難しい状況にまでなっています。
余談ですが、今回海上輸送についてまとめておりますが、急いで海外から製品を持ってきたい場合はどうすればいいのか・・・それは多少でも高い船(海上運賃)を払っても持ってきたいということに繋がりますので価格の高騰へ繋がるのはもちろんですが、 是が非でも持ってこなくてはならない時は飛行機輸送(エアー輸送、航空輸送などと呼びます)を利用されます。結果、飛行機輸送の方も混みあってしまい、エアーでの運賃も高騰へ繋がることとなります。
結局海外から持ってくるには海上輸送でもエアー輸送でも新型コロナウイルス前よりも高い運賃であり、更に納期も掛かっているということです。
リーファーコンテナのコストを下げるならコンテナライナー!
リーファーコンテナのコストを下げるならコンテナライナー!